12月8日 (金)  今日は

太平洋戦争が始まった日であり、Johnの命日である。
生命の尊さやはかなさを感じざるを得ない日に、現代日本は相変わらずの体たらくぶりである。

我々、凡人には本当のところは解らないが、ガソリン税にしても、余った部分?を一般財源化する・・・などと言う前に、誰か一人でも「税率を少しでも下げよう」と提案する健全な人物は存在しなかったのか。

道路族の中には我々は「実」を取って、安倍ちゃんは「花」取って、両者共に良かったんちゃう!などとほざいている輩(まさしくである)も居てたようだが、国民から見れば、大事な子供を生贄に取られた上、目の前で頭と足を持って二人の悪魔が分捕り合戦を行い、引きちぎられていく様を見せ付けられてるようなものである。

ほんま、政治屋共はヤ○ザ屋さんより恐ろしいく性質の悪い生き物である。

あれだけ、関与を否定していた宮崎県の知事さんもとうとう逮捕された。本当に関与していたのかどうかは今後の捜査と裁判結果を待つしかないのだが、ほんまに呆れる世界である。

こんな奴らが教育について騙っているところが、いかにも日本らしい。否、これが為政者の真髄なのだろうか?

否、人間の真髄なのだ!

20061208-1.jpg 20061208-2.jpg