10月17日 (月)  やっぱりデジものは新しものに限る

昨年末にプリンターが異変をきたし、年賀状は汚いながらもなんとか印刷し終えたものの、回復の目処もなく修理するのもバカらしいので廃棄したため、この一年あまりはプリンターの無い状態が続いていた。当方はほとんど印刷しない人間なので特に不便を感じることはなかったが、ことしもいよいよ年賀状シーズンの到来を控えて、キャノンでもない、エプソンでもないHPでもないブラザーのプリンターを購入した。まぁ、最近のプリンターはワイヤレスLAN対応になってるし、スキャナーも付いてるし、その上20k円でお釣りが来るんやから、驚きの低価格である。

まぁ、その分、インクがバカ高いらしいが、いちおうブラザーを選んだのはそのあたりが大手二社に比べると財布にやさしいとの評判を目にしたからである。安月給で先の無い中高年にとっては安いが一番である。

ちゅうことで、設定を済ませてスキャナーを利用してみた。なぜ、印刷では無いのかちゅうと、インクは出来るだけ使う直前にセットしたいと言うこれまた貧乏人の発想で、カートリッジを装着していないからである。まだ使わないうちからインクをセットすると、イザ使う段になってヘッド詰まりになる可能性もそれだけ高くなるやろうし、クリーニングでインクも浪費するやろうし…

# 我ながらどこまでセコイねんと呆れてしまうますな。


で、スキャンの結果なのですが、もう驚きです。裏写防止の設定項目が無いなぁ…と気にしていたのですが、スキャンしてみると設定が無い理由が解りました。そんなもん必要が無いくらいキレイにスキャン出来てます。2年ほど前から利用しているC社の8k円くらいで購入したフラットヘッドスキャナーとは格段の違いです。まだ、テスト的に2枚ほどスキャンしただけなのでイロイロと不都合も出て来るかも知れませんが、スキャン品質については格段に上です。ただ、現時点ですでに問題なのが複数枚を連続スキャンしてひとつのpdfファイルに出来ないこと。設定を細かく調べたらあるのかも知れませんが、これが出来ないとちょっと邪魔くさいですね。でも、速度も品位も格段に良くなっているのでトータルでは重宝しそうです。何よりワイヤレスLAN経由なので電源入れたら使えると言うのがウレシイですな。

で、そのワイヤレスLANでの接続ですが、説明書をよく読まず失敗してやや手間取りましたが、順を追って作業すれば簡単だと思います。ただ、USB経由で初期の無線LAN設定を行うときはUSBケーブルをハブ経由では無く直接PCのポートに挿す必要があるのですが、そおの割りには本体側のUSBポートが内部に隠れているためケーブルが50cmくらいはムダになるような気がします。当方も棚に設置してから設定を始めたのですが、ケーブルが届かずに難儀しました。まぁそれ以前にハブに繋いだのが大失敗だったですけど。それにアクセスポイントのステルス機能を有効にしていたのを忘れていたのも手間取った原因のひとつだったかもです。

そうそう、プリンタはブラザーのDCP-J925Nです。

20111017-1.jpg 20111017-2.jpg 20111017-3.jpg