10月2日 (日)  sieveshellのログインでパスワードを3回入力

メールの振り分け先を増やしたくなったので、久々にsieveのスクリプトを変更した。で、異変に気づいたのがsieveshellにログインする時の事。最初はお得意のタイプミスかと思い気に留めてなかったが、別のユーザで試してみてもやはり最初の2回のパスワード認証は失敗し、3回目にようやくログインできる。ただ、妙なのが現在ログインしているユーザの場合だけは最初の認証が成功する。とりあえず、振り分け用スクリプトのアップロードを終えてから原因を探ってみることにした。

で、何と言っても最初に見るのはログ。


badlogin: localhost.localdomain[127.0.0.1] DIGEST-MD5 authentication failure
badlogin: localhost.localdomain[127.0.0.1] PLAIN authentication failure
login: localhost.localdomain[127.0.0.1] aki CRAM-MD5 User logged in


ってな感じなので、最初の2回はDIGEST-MD5とPLAINでの認証に失敗しているみたいですな。ほなら現在ログインしているユーザの場合はどないやねんと言うと


badlogin: localhost.localdomain[127.0.0.1] DIGEST-MD5 User logged in


ってな感じなので、最初のDIGEST-MD5での認証に成功している。試しに、3回目でログインできた別のユーザにsuしてから試すと、やはり最初のDIGEST-MD5でログインできる。
ちゅうことは何で現在ログインしていないユーザの場合はDIGEST-MD5やPLAINでの認証に失敗するのかと言う事が問題になる。

さっそくGoogle先生にお伺いを立ててみたが、解決に繋がるようなページがヒットしない。唯一、curyus関係のML ttp://lists.andrew.cmu.edu/pipermail/info-cyrus/2006-March/021244.html にズバリなものと見つけたが、ドキュメントを読めと言うことで終わっていた…。

で、敢え無く挫折。3回やりますわ。苦笑