10月23日 (日)  久々の落語会

本日は久々に落語に行って参りました。ジャンジャン横丁の入り口ある動楽亭。桂ざこば師匠が席亭さんらしいです。国道25号線をはさんだ南側は飛田やし、ちょい東にある境筋を下れば三角公園です。かなり失礼ではありますが、ざこば師匠らしいなぁ…と言うのが正直なところ。

で、寄席の方は定員100席で前の2/3程度は座椅子席、後ろは椅子席小。定員は100席でこじんまりしたエエ感じの寄席でした。今日の出演は南光師匠とざこば師匠の弟子のひろばくん。ひろばくんは相撲のネタを披露、残念ながらお題は解らず、四股名を大安売りと代えて、誰にでも白星を献上する…と言うのがサゲのやつでした。南光師匠は昆陽の御池と豆狸を披露。昆陽の御池は初めて聞くお題でしたがアホに段取りを教えていた甚兵衛はんが合図を忘れたりなかなか楽しいネタでした。豆狸は吉朝さんで聞いたことのある人情話系のお題。南光師匠なりの表現でしんみり且つ楽しく聞かせて頂きました。

と、十分に楽しませていただいたのですが、やっぱりこの手のところでやるときはマクラが楽しいですね。昆陽の御池のについても、豆狸のマクラの中で結構イロイロと説明をしてくれはったり、道頓堀や中座についてもイロイロ聞かせてくれはったり、開演前に満席なのを見たざこば師匠のアクションを入りが悪いときのそれと比較して楽しませてくれはったり、ちょっとあぶない話に触れはったりと実際に高座を見る醍醐味を感じさせてもらいました。

で、来週は南光師匠のお弟子さんのこごろうさんの菓子屋寄席です。今回は10回目と言うことで「何かがある」というようなフリが前回にあったので非常に楽しみです。

20111023-1.jpg 20111023-2.jpg