11月12日 (水)  さぶい!が週末は好天や!

MAP64sをゲットした。英語版、日本語版、と言ってもこれは62sになるが、の二つがあるし、同じ英語版と言うてもショップによって値段はまちまち。付属品にもまちまち。競争原理でうれしい限りと思いきや、実はウラで日本国内販売代理店がゴソゴソあこぎな事をやっているような情報が…。

表向きにはMAPS64sはみちびきに対応していないとの事だが、 62sの日本語版は対応している。そもそも、日本向けに特殊なチップを作成するとも思えない。ファームで殺しているか、見せ掛け上、有効でないようにしているか…。

あまりにもセコすぎる。で、価格は倍とまでは言わないが、かなりの開きがある。こんなもん法律に触れんのかいな?!

とまぁ、そんな表向きの理由で、良心的な低価格のお店から購入した。十分に資金があれば日本語版が欲しいけどねぇ…。

が、その日本語版にもイロイロと問題があるようだ。その典型は携帯と同じガラパゴス化。

若干視認性に問題はあるが、世界には無料のマップソースがいろいろ存在する。それらを利用したいと思っても、日本語版では利用出来ない事もあるらしい。その上、日本語版で使用するマップにもイロイロと欠点があるようだ。

どっちにもほぼ同じような欠点があるなら、どちらを選ぶか…、それはストックとフロー、すなわち財布と月給が決めてくれるのである。(-_-;)

20141112-1.png 20141112-2.png 20141112-3.jpg