2月4日 (火)  丁瓢塚資料到着

帰宅したら国立国会図書館から申し込んでいたい資料が届いていた。届いて欲しいものは他にもあるのだが、それはどうも期待はずれ、大ハズレになった模様である。ま、それは置いといて…(>_<)

資料は即座にpdf化し、原本はファイルに保管した。これをしておかないと身の回りがどんどん乱雑になり、最後は「イーッ」となって廃棄処理する事になる…。そうなってはせっかくの資料もムダになるというもの。それを防ぐためにも電子化は必要不可欠である。

たまたま、今日は通院の日だったので、行きがけに近所のコンビニで複写料金の支払いも済ませたし、pdfをキンドルへも転送しておいたので、待ち時間の間に少しではあるが目を通すことも出来た。ざっと冒頭の2ページほどを読んだだけであるが、当方が丁瓢塚に対して持っていた「所感」はその殆どが「妄想」の類だったようである。後円部墳頂で見かけた埴輪風の土器片もそうでは無い様だ。

ま、続きは資料に目を通してから、どこかに書くことになると思う。

20140204-1.jpg