Diary 2007. 4
メニューに戻る
4月1日 (日)  高速道路上の古墳

今日は友史会の日帰り旅行と言うか見学会で徳島を訪ねた。最初に訪問したのは鳴門市にある大代古墳。
高速道路のトンネルの上にあると、下見の報告に書いてあったのだが、本当に高速道理の真上にあった。
たぶん高松自動車道のトンネルだと思うのだが、鳴門ICのところである。通行される時に安全に支障の無い範囲で探してみてもオモシロイかも知れません。

内容がまとまるようであれば、いずれネタになると思います。

20070401-1.jpg



4月3日 (火)  珍しい女性を

テレビで見かけた。
オノヨーコさんである。小野洋子さんでは無くオノヨーコさんなのである。
johnがなくなってからもう27年にもなるんやなぁ・・・第一報を聞いたときの事は今でも覚えている。

そんなjohnの意志を受け継いでおられるのかどうかは定かでは無い(受け継ぐまでも無くご本人がそういう意志を持っておられるのかも?と言う意味)が、サクラの若木に平和への祈りを込めて・・・というようなイベント?を開催されたようである。
ポトマック川のほとりに植えられたサクラの下でイベントが行われた後、そのサクラはワシントンに植樹されるらしい。

朝のニュースの記憶なので、かなり間違っているかも。

20070403-1.jpg



4月4日 (水)  久しぶりに

ガソリンを入れに行った。
昨秋からチャリンコで通勤することが多くなったこともあり、給油回数がかなり減っている。前回の給油は1/27だったので、約2ヶ月強ぶりの給油である。
以前は通勤だけでも1ヶ月に一回では間に合わなかった事を考えるとかなりの経済効果であうる。

夏場になると自動車通勤に全面シフトすると思うので、暑くなるまでは給料も上がらん事やし、多少の運動不足対策もかねてチャリンコ通勤を続けるつもりである。


4月5日 (木)  昨日のネタであったのだが

日本のODAが世界第三位に転落したらしい。
個人的には最下位にまで転落してもエエんちゃうんと思うのですが・・・もっと国民(貧乏人老人やその予備軍)に金をまわすべきだと思うのだが・・・
まぁ、政治の話はやめときまひょ。

んで、おフランスの高速鉄道が記録した最高速後って素人なので良く解らんのやけど八ちゃん並みの「エゲツナー」っちゅうほどのスピードなんとちゃうんでしょうか。鉄の輪っかで鉄の棒の上をそんな速度で走ることができたんですねぇ・・・
てっきり400kmも出ないと思っていました。まぁ、凸凹な場所ではなかなか利用できる可能性は低いのでしょうが、平坦な国土をもつところではぴったりなのかも知れあせん。

20070405-1.jpg 20070405-2.jpg



4月6日 (金)  あきれ返るなぁ・・・

不正って「タダシカラズ」と書くのやけど、これだけ不正があると、不正であることが「正くなってるんとちゃう」と疑いたくなってくる。それも自己申告された数字の集計値に過ぎず、この値が出る以前には「不正な申告」がされていたと言うから驚きである。
これって我社(オマヌな金属加工業)の経営陣や永年勤続の管理職のかたがたと同じでは無いか。爆
ホンマ、地位が安泰なところにロクな事はない。澱むとアカンな。

それは、高松塚も同じ事。
オマヌな国のオマヌな文化財行政の結果、貴重な文化財がこんなにまで無残な姿になってしまった。
描かれている女性の表情も険しくなったように見えるのだが、気のせいだろうか?

今度は解体して、カビ除去するはずが、美人画もろとも除去されてしまいそうな予感がする。
ひょっとしたら、石室の壁石そのものを破損・・・・
恐ろしや、恐ろしや。
木っ端役人がおのれのミスをごまかさないように網干先生に天国からしっかり監視して貰う事にしよう。

網干先生、宜しくお願いします。

20070406-1.jpg 20070406-2.jpg



4月8日 (日)  隆起斜道とサクラ

近藤先生の本を読んでいて、隆起斜道を見たくなったので近所の再現された古墳を訪ねてみた。
残念ながら、想像していたような隆起斜道は見られなかった。と言うか、隆起斜道らしきものが後円部の墳頂に達していた。古墳に隣接する資料館で測量図を見せて頂いたのだが、隆起斜道は存在しているが、墳頂に達しているのかどうかは、判断の分かれるところに思えた。

# 当方は達していないと見たのだが・・・

ついでに言えば、前方部斜道は見られたが、平坦部を経ずにそのまま隆起斜道に繋がっていた。ちなみにコイツに関しては測量図からもそのように読み取れた。
それと、隅長前方部については3番目の航空写真を見ると右隅角がそれに該当するような気がするのだが如何だろうか?

まぁ、サクラがきれいだったのと、和田晴吾先生と岸本先生の講演会の記録を300円で手に入れる事ができたのでヨシとしておこう!

20070408-1.jpg 20070408-2.jpg 20070408-3.jpg



4月9日 (月)  当たり前ではあるが

また一週間が始まった。
週間天気予報を見るとまたもや週末は崩れそうである。天気周期の基本タイプは週末に崩れるになっていて、オプションでその合間に寒気が入って崩れるという当方も無くウレシクないパターンが定着しているような気がするのは当方だけだろうか?

まぁ、平日に崩れなければチャリンコ通勤になるのでゼンイの負担が減るのはウレシイのだが、週末が雨というのも困るのである。また、仮に週末も晴れたとしよう。その場合、ちょぅとチャリンコで出かけよか!ってな気が少し萎んだりする。(歳ととるといろんなところが萎んでくるなぁ・・・)


4月10日 (火)  北アルプスで

ヘリが墜落して2名の方がなくなられたようだ。
先日も徳之島で陸自のヘリが墜落したし、串本沖で船舶の衝突事故があったりと事故が連続している。
斯く言う当方も車にも乗るし、チャリンコにも乗るし、もちろん歩きもするので日々事故の危険(加害者、被害者ともに)に曝されている訳である。
そんなオノレを少し振り返ると、もすこし注意する方がエエなぁ・・・と思う。なんか変に捨て鉢になっているところを戒めたいと思う。

20070410-1.jpg



4月12日 (木)  高松塚・・・

またカビですか。
以前にもどっかに書いた(どこかの学者先生の意見を読んで、同じように感じたので)が、高松塚は発掘や保存という名の下に(といっても発掘しなければ存在しないのと同じだったのだが)無駄なお金を費やして破壊した一級文化財の典型ではないだろうか。
クソ役人(無責任な立場であれば誰がやってもこうなると思うが)の仕事らしい典型的なパターンだろう。

20070412-1.jpg



4月14日 (土)  でぼちん打つぞっ!

今日は家人の言いつけでアッシーくん(もう死語やな)を勤めた。3時間程度の待ち時間があったのでチャリンコで大阪市内を走ってみた。
まずはサクラもほとんど散った大阪城公園から中ノ島そして船場。最初の大阪城公園では何十年かぶりに天守閣へ登ってみたが、平成の大修理が行われたので金ぴかであった。「武装」という大阪城保有の武具の展示会が開催されており、いつもの悪い癖で図録を買ってしまった。

中ノ島は京阪電車の延長工事が行われているためかなり雰囲気が変わっていた。コンビニで弁当を買って、悪名高い大阪市役所の近所で昼食を取ったが、中ノ島でランチを食べるなどと言うのは、これまた20年ぶり(最初に働いた会社の時以来)くらいであった。

それから、南下して船場へ向かい、甚兵衛さんの家はどのあたりかなぁ・・・などと思いながら再度でぼちんを打つまで丼池筋を北上すると、土佐堀通りに出たが確かに橋がなかった。(少し西へいくと栴檀の木橋がある)
しかし、船場のあたりでは丼池ってアーケードがあったと思ったんやけど無くなってましたわ。

画像は船場センタービル付近の丼池と、土佐堀通りに突き当たってデボチンを打つあたり。

時間に余裕があれば日本橋へCPUでも買いに行こうかなぁと思ったが、そこまで余裕はなさそうだぅたので、適塾(緒方洪庵先生の塾です)を見学して本日の大阪市内めぐりチャリンコの旅は終了した。

20070414-1.jpg 20070414-2.jpg 20070414-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2007/4
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

前月     翌月