Diary 2009. 3
メニューに戻る
3月3日 (火)  寒いなぁ・・・

3月になったと言うのになんちゅう寒さやろ。
例年ならこの時期に雪がちらついても、それほど驚くことは無いんやろうけど、今年は暖冬だっただけに・・・である。

今日、とあるところからtelnetでオノレのwebサイトへ接続してみた。すると日付がおかしな事になっているでは無いか!またかいな?と思いログインしてclockとdateで確かめて見たけど、特に問題ない。接続に利用したマシンも問題無い。

一体、この画面に表示されている Tue.03 Mar 2009 06:46:50 GMTというのは何なんだろうか?ひょっとしたらJSTをわざわざGMTに変換して表示しているだけなのだろうか?

わからんわ。ちゅうか、ネタが無い。笑

20090303-1.jpg



3月4日 (水)  定額給付金がやって来る

あっちこっちからボロクソに言われている定額給付金がいよいよやって来る。尤も、手元にに届くのはもう少し先になりそうではあるが・・・。

いずれにせよ、お金が貰えるというのは有難いことだが、本当に政府が考えているような経済効果はあるのだろうか?小出しにして広く薄くばら撒くんやったら、例えば、福祉関連の基金でも設立して少しでも介護関連の最先端で働く本当に頼りになる人たちを支えるような使い方をして欲しいものである。

広く、薄くばら撒く事がそれほど効果的でない事が、反対の手法で効果的に私腹を肥している政治家さんに解らないガズが無いと思うのだが…

ひょぅとして負け組み最先端に位置する貧乏人の僻みというか、被害妄想なのだろうか?

20090304-1.jpg 20090304-2.jpg 20090304-3.jpg



3月10日 (火)  サンダースの呪いが・・・

解けるかも知れない。

ちゅうことで、1985年にタイガースが優勝した時に、心無いファンが道頓堀川に投げ込んだサンダース人形の上半身がなんと14年ぶりに発見されたらしい。明日以降、下半身の捜索が始まるらしいが、上半身のみ発見されたのは、昨年の出だし快調、尻すぼみの象徴なのだろうか?

もし、明日以降の捜索で下半身が発見されたら・・・神のお告げになるかどうか、楽しみである。

20090310-1.jpg



3月11日 (水)  今日は

昨日に引き続き、下半身と右手が見つかった。左手の眼鏡などは見つからなかったものの、ほぼ救出作業も完了し、バース氏も海の向こうでびっくりの様子?!

当時、強打の先頭打者を務めた真弓監督もこの救出劇を聞くに及んで「そら甲子園に持ってこなあかんでぇ」と仰ったらしい。

今季は日本一間違いなし!ってか。笑

20090311-1.jpg 20090311-2.jpg 20090311-3.jpg



3月13日 (金)  懐かしいなぁ・・・

最初に勤めた職場の方と飲み会に行った。話を聞くと、当方が今の職場に勤め始めた頃に会って以来のようだ。
当方が言うのは失礼千万、無礼の限りだが、仕事において時間と空間を共有したことのある人と、まともっぽい会話が出来たのはここ十年くらいは無かったので、楽しいひと時を過ごさせて頂くことができた。

利害関係の無い付き合いというのも非常に素晴らしいものであるが、仕事関係の付き合いと言うのもエエものがあるなぁ・・・と再認識させられた次第です。それと、これはちょっと被害妄想かも知れんが、自分では悪しき風習や悪しき思考に染まらない様に注意しているつもりであったが、結構「ヤバイ」状態になってるのかなぁ・・・と感じる一瞬が何度かあった。

う〜ん、今更 Must Do Something!はないしなぁ。爆


3月14日 (土)  津堂城山

昼から天気が回復すると踏んだので、友人を誘って津堂城山と岡ミサンザイへ行ってきた。
バスはとろいし、途中で雨は降ってくるし・・・

時間が中途半端だったので、以上でおしまいにしたが、土師ノ里まで歩いて、道明寺小学校で石棺を見せてあげても良かったなぁ・・・と帰宅してから反省した。

次回は松岳山古墳と玉手山古墳群かな?

そうそう、津堂城山古墳のガイダンスセンターで面白そうな本を見つけたので明日にでも図書館へ借りに行こうと思う。但し当方が住まいする市町村の図書館では保有していないので取り寄せてもらうことになる。


3月15日 (日)  いらんもんがやって来る

いつか、化の国から科学物資が偏西風にのって飛んできた化学物質が屋久島の杉に悪影響を与えているという話を書いた気がするが、化学物質や砂粒など風だけでなく波にも乗って大量のゴミもやって来る。

ギャングもどきの悪人もやってくるし、研修生という名前の不法就労者(それで儲けてるのは日本企業?とかの国の手配師)やって来る。昔は新しい文物が大陸からもたらされ、わが国の発展に寄与したのだが、最近はどうなんだろうか?

万事、塞翁が馬と言うからなぁ・・・。

20090315-1.jpg 20090315-2.jpg 20090315-3.jpg



3月16日 (月)  ほんまに

何が起きるかワカランかったなぁ・・・。
流石にキューバには苦戦すると思てたけど、6-0で快勝でした。

松坂も良かったし、打線も良く頑張ってくれたようです。球児もなんとか抑えてくれたみたいやし。

次はまたもや韓国戦です。

20090316-1.jpg



3月19日 (木)  なんでやねん

と、アメリカ中が大騒ぎ?になっているAIGの高額ボーナスの一件だが、これってどこにでもある事やわねぇ。身近にある零細企業なんかでも、無能な管理職や経営陣を退陣させずに、人的補強を行い、人件費は総人件費から捻出する。もちろん退陣すべきクズどもは安泰で、尚且つ出世し続ける・・・

法的な事は全くわからんけど、これって背任になるんとちゃうやろか?笑

もとい、これが年功序列というものの本性なのかも知れない。年功序列が悪いとは思わないが、それは年に応じて功を為せるような能力を身に着けていてこそだと思うのだが・・・?

20090319-1.jpg 20090319-2.jpg 20090319-3.jpg



3月21日 (土)  京都の休日

東寺の弘法さんに行ってきた。
正確には飲み会のついでに京都観光を楽しんだちゅうところである。
元京都住人の方に案内して頂いたのだが、胡散臭い骨董屋さんは最高ですな。中身の無い時計やベルトだけ、針の無い時計(デジタルちゃいまっせ!)などを二千円で売りつけようとする店が堂々と出展している。笑
外人さん相手に千年前の丹波の城から発見さたと言う石像を売りつけようとしているオヤジが居ったり・・・楽しかったです。

そう言うたらローラースケートを売ってた同い年のおっさんとローラーゲームの話で盛り上がりましたなぁ。

そんな弘法さんで見つけたのが銘菓?「こぼれうめ」一袋買ったら、樽ごと買え!と脅されてしまいました。南京豆も売ってたので買おうかなぁ・・・と思ったんですが。そこまでネタに拘ることも無いかと思い、そっちはやんぴしました。

朝から伏見近辺をぶらついて、昼からは弘法さんを見学して、夜は先斗町の近くのお店で宴会、二次回は先斗町のスナック?で京都の一日を堪能しましたとさ!

20090321-1.jpg 20090321-2.jpg 20090321-3.jpg



| 1 | 2 |
2009/3
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月