Diary 2010. 11
メニューに戻る
11月4日 (木)  再び大台ケ原

先月の23日に続きまたもや大台ケ原を訪ねた。前回訪れてから10日程しか経っていないが、木に付いているのは枯れた葉っぱで、紅葉はもう見ることが出来なかった。気温も前回より8度くらい低く、8:30頃になっても駐車場で0度だった。14:00頃に駐車場を出発し、家路についたのだが、その時でも8度ほど。大阪の真冬とほぼ同じような気温だった。

その所為か、巨大カメラに巨大三脚を背負った人も少なく、駐車場も9;00頃でもまだ空きがあったし、下山時に目にした路上駐車している車両の数もかなり少なかった。ただ、周遊路を歩いているときはそれほど人出が少ないとは感じなかった。

紅葉がもう見れなかったのは残念だが、ほぼピーカン状態だったので、日出ケ岳や正木峠からは熊野灘が遠望できたし、大蛇狽ゥらは滝が見えたし、隣の岩壁を登っているパーティーも見えたし、シカさんにも出会えた。

帰りはホテル杉の湯で入浴して、午後8:00頃に帰宅した。この日は同行したI氏に食事から入浴代からガソリン代までその殆どを負担して頂き、非常の得をした一日であった。流石5D2所有者は違いますな。大変お世話になりました。きっと素晴らしい作品をお撮りになられた事だと想像しております。当方はほぼ全滅でございました。笑

20101104-1.jpg 20101104-2.jpg 20101104-3.jpg



11月9日 (火)  よっしゃ!となんじゃこのカス

尖閣諸島での中国漁船の海上保安庁の艦船への体当たり攻撃事件以来、もう少し遡れば毒入り餃子事件あたりくらいから、中国共産党の覇権主義には、我慢できないくらいムカついて仕方が無い。そんな奴らの言う事には何ひとつ真実は無く、全て悪意の欺瞞で満ちている事が今回の尖閣諸島でのビデオ流出事件で世界中に明らかになったと思うが。わが国の政府は中共の覇権主義外交に自慢の「柳腰」で対応したたものの、そのスキを腐れロシアのメドベに北方領土訪問と言うかたちで衝かれるな信じられない体たらくぶりである。仕分けか何か知らんけど、国内で何の強制力も無い、すなわち責任も無い、パフォーマンスを見せて悦に入ってる内にこの惨状とは、全くトホホな民主党である。

もっとも野党にしても、ビデオ流出を問題にするばかりで、その内容に関する政府追求を行っているのかどうか・・・ニュースなどでも一切報道されていないのでは?

# この点についてはあまりテレビを見ないので解らないが・・・

こんなニュースを世界が見たらどう思うやろ?
盗賊が一階と二階の両方から住居の中に押し入ってきてるのに、「戸締りが悪いのはお前の所為や」と家人同士が言い争っているようなものである。まったくこの国の政治家どもはとんでもない奴らである。

で、そのとんでもない奴らの代表格とも言える鳩山ポッポ前首相。東アジアを混乱に陥れた責任を取って「議員は辞める」と言うたクセに、「辞めるの辞めた」とは何ごとやねん!ほんま、こんな奴が属する政党に「一度、やらしてみたら」と思い投票したオノレの浅はかさを痛感する次第である。ここは是非とも解散総選挙で過ちを正したいところであるが、誰を選んでも過ちを繰り返すだけになりそうなところがこれまた恐ろしい。

そんな、腐りきった政界を尻目に、中国で行われたアジア大会で日本代表が中国代表を3-0と完膚なきまでに叩きのめしてくれたのには溜飲が下がった。海上保安庁の職員の方々と言い、日本代表の皆さんと言い、最前線で体を張って生きてる人たちはいつでも精一杯の働きをしてくれているのだとつくづく認識できた。

どんな組織やコミュニティーにおいても、口先だけで生きてる奴らに碌な人間は居てないと言うのは事実なのであるが、それが「事ある度に再認識される」と言うところに人類最大の弱点があるんやろな。笑

20101109-1.jpg 20101109-2.jpg 20101109-3.jpg



11月13日 (土)  今年は暖かい!

もう11月も半ばだと言うのに未だ暖房器具をスタンバイしていないと言うのはわれながら驚きである。流石に朝晩はそれなりに冷え込むが、まだストーブを入れないと我慢できないと言う事は無い。

今日は、京都方面へ出かける予定が半分ほとあったのだが、提案者が仕事で行けなくなったので、朝から引き出しの整理と部屋掃除を済ませて散髪に行ってきた。先週は郵便物などの整理をし、今週はPC関連のケーブルやSOUNDボードと、今になって気づいたのだが恐らくSCSIのボードも、一緒に処分した。

ちゅうことはMOドライブもMOメディアも使えなくなったので不要と言う事になる。今から思えばMOで640MBのデータが保存できたら完璧やな!と思っていたのだが懐かしくもあり、はかなくもある。

ホンマにデジタル関連技術の進歩は著しいと言うか凄まじすぎる。今日も散髪屋を経営する友人が言ってたのだが、4GBのメモリモジュールが売ってるらしい。そらまぁ64bitアーキテクチャが一般的になってるんやからそれくらいのモジュールが無いとM/B上はメモリのバンクだらけになってしまう。笑

なんか、とりとめの無い内容になったがそんなこんなの一日でありました。


11月14日 (日)  早いなぁ

まだ14:30なんですけど本日のイベントが終了したので・・・笑

朝から洗濯するところまでは何時も通り。その後、半年に一回の換気扇の分解?清掃を実施し、午後からノートパソコンのアンチウィルスAVGを2011版に更新し、年賀状の図案、と言っても筆まめのイラストを貼り付けただけすが、を終えて本日の予定終了。

あとは年賀状を買ってきて、送り先別にコメントを編集しながら印刷すればおしまい。
今年もアッと言う間に過ぎ去って行きました。まぁ年末にかけてイベントもいくつか残ってるので次に気がつくのは大晦日かな。来年は51年目に突入ですわ。爆

20101114-1.gif



11月20日 (土)  暖冬ですなぁ・・・

う〜ん、今月は日記もサボりまくりですな。特に今月になってから「小遣い稼ぎ」が忙しくてなかなか日記を書いてる時間が無い。その甲斐あって当初の目標額を上回るところまで小遣いが溜まって来た。なんかヘンな色気が出て来そうなのが怖いところ。まぁ、こんな時こそ謙虚に行きたいものだ。

話は変わって、ボチボチ大阪城の銀杏も見ごろかと思い午後からカメラを持って出かけてみた。個体によって黄色く色づいているものもあればまだまだ青々しているものもあった。なんかまるで人間のようである。笑

久しぶりに訪ねた大阪城だったが、相変わらず中国か台湾、韓国あたりからの観光客の方が多いようだ。イロイロを揉めているが、それはそれとして大阪へ来て銭を落として行ってくれたらそれはそれで有難い話なのかも知れない。当方は森之宮から入ったのだが噴水のところではジャスやフォークを演奏していたり、天守閣への階段のところでは南米の民族音楽風なものを演奏 ( この人たちは以前にも見た記憶あり?) していたり、内堀の周りを走ってる人や、散歩してる人、はたまたカメラをぶら下げて写真撮影に興じる人、写生する人など小春日和の一日を楽しむ人が大勢見られた。

その上、今日は関西文化の日か何かで天守閣への入場が無料と言う事で地面から見上げた天守閣は人で一杯だった。タダなら登ったれ!と言う関西人の気性が良くあわられて面白かった。当方も登ったろか!と思ったのだが込み合っているがイヤで遠慮した。気弱な関西人である。

20101120-1.jpg 20101120-2.jpg 20101120-3.jpg



11月21日 (日)  天気は良かったが・・・

今日は久しぶりに例会に参加した。内容は「巨勢谷の古墳を巡る」ちゅうことで市尾から吉野口まで僅か6kmの行程。案内は昨年メスリ山を初めとする磐余の古墳を案内頂いた岡林先生でした。

市尾宮塚以外は初訪問となる上、石室内部も見学できるようなのでそれらに対する期待も大きかったのですが、天気も素晴らしかったので秋晴れのスーパーショットにも期待していたのですが、なんとバッテリー切れでブラケット一連射スリーショットでお終い。運悪くと言うか、スペアバッテリーの持参忘れも今回が初めてと言う不運が重なり、余計な荷物を担いで歩いただけに終わりました。

んな訳で通常は石室内に入れない市尾墓山古墳の石室内部は殆ど使った事のない携帯のカメラで撮影しました。下の写真がそうなんですが、とりあえず特徴とされる巨大な縄掛け突起と石棺蓋石搬入用羨道?の閉塞部が写っているのでヨシと言うところかな?蓋石手前の白い部分は盗掘孔を補修したものと思われます。

それから、権現堂古墳や新宮山古墳から吉野川緑泥片岩を用いた箱式石棺が見つかっている事について、日本海側との関係を岡林先生にお聞きしたところ、何らかの繋がりがあったのだろうとの事でした。ただ、この繋がりと言うのは以前は「婚姻関係」と理解されていたようですが、最近はちょっと違うようであります。とは言うてもそれが何かも解らんらしい。ひょっとしたら未発表の秘密の見解があるのかも知れない。

さらに石室内部や石棺の外面が赤く塗られている事についてお聞きしたところ、初期の横穴石室では結構見られるとの事。石室内が赤いとか聞くと「九州」との関係が気になるのは何かパブロフ犬みたいで・・・。笑

話を箱式に戻すと、巨勢氏→継体→越前 繋がりがあるのかと個人的には思てるんやけどどうなんでしょうかね。

20101121-1.jpg



11月23日 (火)  飲むならアサヒビール

今日は一昨日に続いてスペシャル例会で灘の酒蔵とアサヒビールの西宮工場、それと竜馬にあやかり?幕末に勝海舟の指揮で構築された西宮砲台を訪ねた。表向きのメインイベント北辰馬酒造の辰馬悦蔵氏が設立した辰馬考古資料館での銅鐸見学と恐らく中に入れることはほとんど無い西宮砲台の見学であるが、裏の目的はアサヒビール西宮工場でのビール試飲会であったことは言うまでもない。

で、最初に訪れたのが辰馬考古資料館。案内頂いた地元出身の北井先生の説明によると銅鐸の所有数に限っては東京国立博物館に次ぐ規模を持っているとの事。尤も昨今は加茂岩倉遺跡などを有する島根県がその勢いを増しているらしいが、こちらは個人が考古資料の散逸を憂い、私費を投じて設立されたものだけにその意義ははるかにそれを凌ぐと思われる。

ここで、知ったと言うか、初めて気づいたのが銅鐸の表裏。今までそんな事は気にも留めなかったが、こちらではそれを積極的に来館者に訴求している。もちろん展示物も定期的に表裏の方向を変えて展示するなど工夫もされていた。そこで気になったのが表裏の区別をどうするかと言う事。これも北井先生にお聞きしたところ究極は「好き勝手」と言う事らしい。妥当なところでは「残り具合の良い方が表」と言う事の様である。寺沢先生などはなんらかの基準?のようなものを持っておられるような事を仰っていたが、ま、好き勝手で良いようである。

また、その証左となるかどうかはワカランが、辰馬考古資料館ではA面、B面と言う表現をされていた。

で、その表裏を意識した展示のお陰で、初めて銅鐸表面の突線が表裏で繋がっていない物があること目にする事が出来ました。製造方法などから推測したら当然有り得る現象ではあるんですが、全く気づきませんでした。

次に訪れた西宮砲台。はっきり言って完成した時点で発想そのものが時代遅れの上、完全な密閉構造のため砲台内に煙が充満すると言う構造上の欠陥から使えない代物だったらしいです。ちなみに西宮砲台は内部の木造構造物は焼失しており空洞になっていましたが、和田岬の砲台は内部も残っているので、両方を見学して脳内合成すると当時のイメージが掴めるとの事。但し、和田岬のそれは三菱重工の敷地内なのでちょっと見学できるかどうかは・・・と思われる。 ( 明確な説明は無かった )

この後、ちょろちょろ歩いて本家辰馬酒造 ( 白鹿酒造 ) でお酒の試供品を頂き、酒蔵の見学を済ませてアサヒビールの西宮工場で生ビールをグラス三杯 ( 約1リットル ) ご馳走になり、ほろ酔い加減で帰宅しました。

今後、例会の最後はどこぞのビール工場を見学すると言う事が恒例にならんかなぁ・・・と強く感じました。

20101123-1.jpg 20101123-2.jpg 20101123-3.jpg



11月24日 (水)  ストーブを出すタイミング

風呂上りにゴソゴソやりたので湯冷めしないようにストーブでも出そうかなぁと思ったが、室内の気温は19.5度。なんぼなんでもこの室温でストーブを出すのは早すぎるやろうと思い、過去の日記を調べてみると、昨年は11/16に、一昨年はは11/19にストーブを出している。各々、気温に関する記述としては一昨年が直近の二日間で10度ほど基本が下がり、当日の最高気温が10度だったと記録されている。昨年は最高気温が14度だったと言う事と、職場で暖房を入れたらマヌケな社長から「切れ」といわれたとの記述が見える。恐らくいずれも天気予報で発表された気温であると思うが、ちなみに本日の最高気温は13度。職場では暖房は入れてましたが、プライベートファンヒーターはまだ稼働しておりません。

以上のことから総合判断すると、まだ幾分ストーブを入れるには早いかも知れませんが、それは数日レベルの事で気温から判断したら特に早すぎると言う事は無いと思います。

まぁ、職場では全開オッケー、自宅では我慢と言う事にしときますかね。笑

20101124-1.jpg



11月26日 (金)  肩の調子が上向きです。

今年の6月に「ガリッ」とやった左肩の調子が良くなってきた。まだまだ痛みはあるし、夜も気になって目が覚める時があるが、多少負荷を掛けても殆ど痛みを感じなくなってきた。それに連れて肩の回りも良くなってきたようだ。今日も風呂で背中を洗う時に肩の回りが改善されている事に気づいた。死ぬまで左肩はアカンなぁ・・・と覚悟してたのだがひょっとしたら来年半ばには自然完治するかな?貧乏人にとって自然治癒ほど有難い事は無い。笑

本日、物欲2号に空気を入れに行ったらチャリンコ屋が近くの薬局跡に転居していた。自転車ブームで儲けたのか、駅から30mほどであったが裏口側の少し入り込んだところに立地していたのが、裏口側ではあるが通行量の多い市役所に通じる通りに面した場所をゲットしたようだ。少なからず、チャリンコを2台購入した当方も少しは貢献してるだろう。今度店長に逢うたらひとこと言うたろ。笑

で、物欲2号ですが、9月に購入してから確か二回目の空気補給です。フォールディング程ではないですがやっぱり空気圧が下がると漕ぐのがしんどいです。チャリンコやから近所の駐輪所までは真に軽快快適に走行できました。


11月28日 (日)  ちょっとフライング

アルバイト資金はまだ158,000しか貯まってないのだが、今シーズンは正月スキーもキャンセルやし、E5キャンペーンも月末で終了やし、などと考えてたら、勝手に梅田の某フォトサービスさんへ電話して某サイトで得た情報を元に価格交渉し、在庫のラスト一台を163k円でゲットしていた。ふと我に返ったとき、手にはオリンパスが入ったニコンの紙袋を持って環状線に乗ってました。笑

帰宅してから、液晶保護シートを買いに近所の家電量販店に行ったが、オリンパスはマイナーなので?売ってなかった。キタムラに至っては液晶保護シートすら見当たらなかった。マーケットモール内のカメラ屋にも寄ってみたが、こちらでも保護シートの陰すら見ることが出来なかった。ちゅうことで、アマゾンで注文しました。最初からコレにしといたら良かったです。

で、次はバッグが必要になってくる。手持ちのショルダーはなんとか使えそうだが出来ればザックタイプがあると弁当持って出かける時に非常に便利である。ちゅうことでヨドバシで見かけたKATA DR-466、確か10k円ほどだったと記憶しているのだが、が良さげなんですけどねぇ・・・アマゾンでは扱って無いようです。

20101128-1.jpg 20101128-2.jpg 20101128-3.jpg



| 1 | 2 |
2010/11
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月