Diary 2011. 2
メニューに戻る
2月2日 (水)  寒さも一息

いやーっ、今日は午後から暖かかった。それでも最高気温は11度。例年なら考えられない事だが、足元ヒーターも暑くて午後から電源を落とした。ほんまに先日までがいかに寒かったかの証明だろう。

で、思い出したのがドイツでの洪水騒ぎ。緯度的には樺太あたりに位置するドイツで猛烈な寒波の後に最高気温が10度を越える日があったと言うんやからそら洪水にもなるのかも知れない。

自然災害と言う点で言えば、宮崎県と鹿児島県の県境にある新燃岳の噴火。一昨日は大噴火による空振で霧島市で住宅の窓ガラスが割れるなどの被害があったが、宮崎県でも降り積もる火山灰が豪雪並に住民の生活に影響を与えている模様。共通するのはやはりお年寄りの一人暮らし。ホンマに当方など人事は思えない年齢になりつつあるだけに、その辛さがヒシヒシと伝わってくる。大袈裟ではなく、仕事を休ませてくれるなら何かお手伝いにでもはせ参じたいくらいである。

話は変わるが、本日帰宅するとE5のキャンペーン賞品が届いていた。昨年の12月には届くのが2月末になるとの案内がオリンパスから届いたのだが、思いのほか早かった。これを頑張って前倒ししてくれたと取るのか、サバ読んでたな!と取るのか、そもそも11月末締め切りのキャンペーンの賞品が今頃になること事態がけしからん!となるのか・・・。

20110202-1.jpg 20110202-2.jpg 20110202-3.jpg



2月3日 (木)  postconf -dと-n

はずかしながら先日設定した拡張メールアドレスに関しての覚書を作成するのに、postconf -d を利用して設定を確認していると、設定したハズのrecipient_delimiterが存在しない。実際に動作しているのに「なんじゃ?」と思い、man postconf して見たら・・・

-d Print default parameter settings instead of actual settings.
-n Print parameter settings that are not left at their built-in default value, because they are explicitly specified in main.cf.

とあった。

-d オプションは現在の値に関係なくデフォルトの値を示す。
-n オプションはデフォルトの値で無いものを示す。

ようである。当方の英語解釈が間違っていなければ・・・。
ただ、現象と言うか、実際とは整合しているようなので10年間英語を勉強した値打ちがあったのかも知れない。
それにしても人生70%を消費してこの程度とは情けない限りである。とは言え、特段生活に困っている訳でも無いのはこの国のアドバンテージなのかディスアドバンテージなのか・・・。

若人よ!外へ出るべし。


2月6日 (日)  飛鳥石

昨日、ブラリと古墳めぐりに行った。ここ暫くカメラを使ってないので使い方を忘れないためや、E5キャンペーンのバッテリーが届いたこと、歩いてない事もある。が、なんやかんや言うてもヒマなのが一番の理由でしょう。ちゅうことで、何処へ行ったかと言うと、近鉄吉野線飛鳥から新沢千塚を経て畝傍御陵前へ抜けるルート。最初に尋ねたのが岩屋山古墳。キレイに加工したブチ?入りの石材で作られた、まさに「端正な」と言う雰囲気を持つ石室です。桜井市の文殊院西古墳や艸墓古墳もキレイな造りですが、なんかここの方が「端正」に思える。ひょっとしたら石材のブチにその理由があるのかも知れない。

この石材、その後尋ねた益田岩船や小谷古墳でも目にした。なんでも「飛鳥石」の通称を持つ石英閃緑岩と言うもので、ブチの部分は変輝緑岩との事。岩石のことは全く解らないが、まぁ花崗岩の一種と言うか、その親戚で火成岩一族なんでしょう。

流石に飛鳥石と言われるだけあって、以前に撮った写真を見ると猿石や弥勒石も飛鳥石で出来てるみたいやし、石舞台の石室にも見られるようである。今まで、全然気づかんかった事に気づいたのも岩屋山古墳の石室が持つ「端正」さの故なのかも知れない。

何事も単純明快、スキッとすると良きにつけ悪しきにつけ際立つものが出てくると言う事であろう。逆に言えば、欠点が多い場合は「ゴタゴタ」にしたら騙せると言う事かぁ?

写真は左から、岩屋山古墳石室の奥壁、益田岩船、小谷古墳。

PS 小谷古墳ではどこぞの爺さんが柵を乗り越えて侵入しとったけど・・・やっぱりかまぼこ型の石棺を見といたら良かったかも。

20110206-1.jpg 20110206-2.jpg 20110206-3.jpg



2月7日 (月)  明日は久々に・・・

目が降るのか?降水確率が50%を越えるのはかなり久しぶりのような気がする。朝は湿度も比較的高きものだが、ここのところ40%くらいの日が続いている。現在の湿度もストーブの所為もあるが35%である。暖房が効いていない隣の部屋にあるカメラ保管用防湿庫の扉を開けっ放しにしても50%になることは殆ど無い。基本的に雨は嫌いなのだがぼちぼち一雨欲しいところである。

それと先週半ば頃から暖かい日が続いているが今週末にはまた冷え込みそうである。まぁ、この連休も今のところ出かける予定は無いので暖房の効いた部屋で引きこもりとなりそうです。

散髪にも行きたいんやけど、風邪ひくかなぁ・・・。

20110207-1.jpg 20110207-2.jpg



2月9日 (水)  折角の連休と言うのに・・・

天気が悪そうな上に気温も低いとは・・・全くもってトホホな話である。明後日は午後から市内で講演会があるので、もし雪か雨が降らないようだったら、長駆松原経由大阪城をチャリでこなして見るかも知れない。ついでに人顔石の写真でも撮ってくるかな?

ちゅうことは、TEMBAをTEMBAらしく使える事にもなる。笑

それから、トヨタ叩きも一件落着したようだ。この腐れ運輸長官のド面見てるとムカムカしてくる。ある意味、人間の本質なんやろうけど、国内の自動車産業関連従事者の溜飲も下がった事やし、目だたんけど、日本としてもアメリカに貢献したことにはなるやろう。

それにしてもこの腐れ運輸長官くらい御国のために働く役人や政治家が日本に居てないのは辛いなぁ。民主も自民もド腐ればっかりやもんなぁ・・・。

そらそうと、天皇陛下が体調を崩されたらしい。どうか一日も早く良くなって頂きたいのだが、このニュースがきっかけで円が売られたらしい。米国の経済指標が最近強めに出てることもあり、小幅ではあるがここ一週間ほどでドルが1円強値上がりしている。

天皇陛下の体調不良で円が売られたと言う事はひょっとしたらトレンドがドル高に変わりつつあるのかも知れない。

20110209-1.jpg 20110209-2.jpg



2月11日 (金)  三年ぶりの積雪でした

ほんまに丁度、三年ぶり。まぁ数日のズレはあるかも知れんけど、三年前の二月の連休以来の積雪だと思う。ちゅうことで記念?にネコの額以下の庭にある八畳敷きの置物と草花をパチリと写してみた。

その後、大阪市立博物館へ講演会を聴きに出かけた。纒向遺跡と加美・久宝寺遺跡に関するもので、おなじみの桜井市の橋本さんと、大阪市博物館協会文化財研究所の田中さんのお話だった。橋本さんのは先日NJKでも放送されていたし、レジメも昨年の現地説明会の時のものとほとんど変わらなかった。ウラ話?としてはJR三輪駅前に木製仮面のクッキーが売っててそれが美味しいらしいとの事。いちど試してみようかな?

田中さんのお話は主に加美遺跡に関するものであったが、大雑把にまとめると河内はヤマトへの先進地域からの人や物資の玄関であり、中継点であったと言う事かな。そしたらこの頃の淀川水系はどんなんやったんでしょうかね。約150年後に佐紀古墳群が築かれ、その後、古市百舌鳥に古墳群が築かれ、さらにその後三島に今城塚が築かれる。ヤマトへ至る二大水運ルートが交互に表舞台に出てくるのに何か意味でもあるのでしょうか?

20110211-1.jpg 20110211-2.jpg



2月12日 (土)  今年は九州?

九州新幹線の全線開通を一ヵ月後に控えて乗車券の発売が開始された。新大阪発の一部列車では15秒で全て売り切れたらしい。鹿児島まで4時間弱で行くわけやから九州も近くなったもんだ。飛行機やフェリーに比べて料金がどれくらいになるのか解らないが移動手段の選択肢が増えるというのは良いことだと思う。

昨年は馬門石を見に宇土へ行こうと思ってのだ実現できなかった経緯がある。今年はかなり離れていはいるが吉野ヶ里あたりと抱き合わせか、はたまた再度、江田船山あたりとペアにするのか、西都原と組む案もアリか・・・

時間はあると思うが先立つものが無さ過ぎる。一部上々企業は設けているらしいが、彼等を設けさすために、下請けは泣いている現状では今年もムリかも知れない。日頃の節約をとも思うが、これまた自制心が無いのですぐに日常の快楽に走ってしまう。もうどうしようもないな。

で、どうしようも無いと来ると、お隣の支那国さんもそうですな。尖閣で支那漁船に体当たりされた海上保安庁の巡視船の修理費を請求したら、何やわ訳のわからんことをホザイております。

彼等流に言うなら、わが国が反省すべきは漁船を「海の藻屑」としなかった事かもですね。爆

ホンマに支那ちゅうのは・・・

20110212-1.jpg 20110212-2.jpg



2月14日 (月)  また雪やがな

今日も寒かったぁ・・・午前中こそ日がさしたが午後からは猛然と雪が降った。幸い先週の金曜日ほどでは無かったが、夜の間だったらそこそこの積雪になったような気がする。

殆ど車も通らない道などはシャーベット状の雪が見られた。

問題は明日ですな。今夜これから冷え込んだら凍結するかも知れんけど、チャリで走れんちゅうことはことは無いでしょう。

早く、暖かくなって欲しいです。

そうそう、日本人がグラミー賞を四人も受賞したようです。なんか信じられないですね。B'zのギターの人がラリー・カールトンと競演した作品もそのうちの一つらしいですが、ラリー・カールトンも懐かしい。今でもES335を代名詞にしてるのかな?

20110214-1.jpg



2月15日 (火)  寒い

本当に寒い。本日も予報では最高気温も9℃とのことであったが、7℃程度にしかならなかった。

明日は10℃との予報だったが朝は0℃まで冷え込むようである。チャリンコがちと辛いかも?!しかし、ガソリンも高騰してるし、給料は全く上がらんと言うか、下がりっぱなしやし、出来るところは1円でも節約するに越した事は無い。

とか何とか言いながら週末は京都で落語と飲み会・・・やっぱり弱い人間はアカンな。

20110215-1.jpg



2月20日 (日)  桂塩鯛襲名披露公演千秋楽

昨年の8月6日にサンケイホールをスタートした桂塩鯛襲名披露公演が19日に京都南座で千秋楽を迎えた。あろうことか、8月6日に続き、19日の千秋楽も見に行って来た。チケットはいつもお世話になっている先輩の同窓生の方の口利きでなんとか手配して頂いた。

サンケイホールも綺麗で良いですが、歌舞伎の殿堂、南座は流石ですな。桟敷席には舞妓さんも居てはったし、周りの席にもなんとも京都っぽいお客さんがズラリ。なんとも言えん雰囲気でした。

そんな中でもやっぱり居てるのが携帯を鳴らすドアホ。前から三列目の席で、ましてや口上の最中に携帯鳴らすかぁ?それもエエ歳こいたクソババァな上に、なってる電話をよう止めんと言うオマケ付き。挙句は、着信を見て掛け直し小声とは言え喋ってくさる。隣の連れっぽいババァも注意くらいしたらどないや!

などと言う、ムカツク出来事もありましたが仁鶴師匠の道具屋を生で聞ける栄誉に預かることもできましたし、確か、塩鯛師匠のマクラで聞いたざこば師匠と可朝師匠の「賭け」の話をざこば師匠本人の口から聞けるとか、大変楽しいひと時でした。

落語会の後はお決まりの食事会で盛り上がらせて頂きました。
幻?の「魔王」を飲みましたが、非常にまろやかと言うか、まろやか過ぎました。本格的な芋焼酎はもっとキツイのかも知れませんが、「とげとげしい瀬戸の灘」が飲みたいです。

20110220-1.jpg



| 1 | 2 |
2011/2
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

前月     翌月