Diary 2011. 9
メニューに戻る
9月4日 (日)  ド腐れ台風12号

ほんまに今回の台風はアタマに来た。鬱陶しいことこの上ない。チンタラチンタラとタイミングを図ったように週末に来さらしやがって、大事な週末が完全にパーになってしまった。

その上、ムカつくのはまた平日の好天が続くこと。あ〜ムカつくわぁ〜

このド腐れ天気め!

20110904-1.jpg 20110904-2.jpg



9月5日 (月)  プロ野球の監督やないねんから…

菅さんの時はあれだけボロボロやった民主党やのに、代表が野田さんに代わったとたんに内閣支持率が48%も上昇すると言うのは一体どういうことなんでしょう。それだけでなく、民主党の支持率も上昇し、自民党を上回ったちゅうんやから…。

野田さんがアカンとは言わないが、もちろん良いとも未だ言えない、アノ非国民且つ売国奴且つ亡国の輩、鳩山率いる民主党に一票を投じた、マヌケな日本国民はやっぱり何も学んでいないと言うことなのだろうか。もちろん当方も一票を投じたクチなので偉そうなことは言えませんが。汗

どんな方法で、どんな内容で世論調査を実施したのを知らないので、決め付けてかかるのは良くないとは思うが、相変わらずムードに流されてるやん!と思うのは当方だけでは無いと思うのですが…。かと言って、自民党がエエ訳でも無く、民主党がエエ訳でもなく、公明党でも共産党でも社民党でも…。

バブル崩壊以降、手に手をとって国民にタカリ、国政を蔑ろにしてきた似非政治家どもやから、どこになっても一緒なだけに、選びようが無いと言うのが正直なところだと思うのだが、選ばん訳にもいかんし、ある意味ジョンイルさんの瀬戸際外交にクリソツな手法でんがな!と言うしかないのかも。

虎ファンの当方としてはなにやら監督交代劇を見ているようで悲しかったり、羨ましかったり、複雑な心境でございます。


9月14日 (水)  ド腐れ台風15号

おいおい、またド腐れが来とるやないか。12号ほどでは無いにしろ週末の予報が悪くなっとる。

平日はピーカンのクソ暑い日が続いてると言うのに、なんで週末になるとド腐れが来くさるのか…。

ストレスは溜まるは血圧は上がるわ、週末のド腐れ来襲は百害あって一利なしです。

20110914-1.jpg



9月16日 (金)  ハゼ釣り中止!

一年ぶりにハゼの天婦羅で一杯やろうと思っていたのに、ド腐れ15号でその夢もはかなく消えてしまった。その上、明日からの三連休はもとより、来週一杯傘マーク付きの予報が出ている。

それ、平日に雨降れ!とは言うたけど、休みの多い週にそないならんでもエエんじゃ!このボケナス。

ほんまに今年のド腐れ台風共は最悪でんな。タイミングが悪いうえに動きがトロ過ぎる。もちろんコースも悪い。

あ〜っ、ムカツク。ぼやいてたら余計にムカツイてきました。笑

寝るわ。

20110916-1.jpg 20110916-2.jpg 20110916-3.jpg



9月18日 (日)  境外社

伊勢神宮と言えば、内宮と外宮くらいしか知らないがその管轄する社は100を優に超えるらしい。それも内宮と外宮の境内?にあるだけではなく、そこから離れたところにも神宮が管轄する神社があるのを始めて知った。本日某団体の例会で訪れたのは三重県多気郡明和町。ここには天皇に代わって伊勢神宮にお参りする斎王が起居する斎宮がありそれを訪ねたのだが、そのついで?に立ち寄ったのが神麻続機殿神社 ( かんおみはとどのじんじゃ )。毎年、5月と10月には伊勢神宮に奉納する麻布を地元の方が織っているらしい。少し離れたところには絹を織る神社もあるとの事であった。良くわからないが、これが境外社と言われるものなのだろうか。

画像は近鉄漕代駅から神麻続機殿神社へ向かう途中。青空と白い雲がキレイだったので思わずシャッターを押してしまったが、この手の写真はほぼ完全に後から後悔する写真になる。今回もしかりである。

それにしても大阪からは遠かった。最寄の駅を7:00頃に出発して目的地に着いたのが9:40頃。これでも往路は特急を利用しなかったのだが、復路などは特急を利用したにも関わらず、斎宮駅から最寄の駅まで2時間10分程度要した。特急を利用しなければあと1時間近くは余計に掛かっていたと思う。この特急を使わざるを得ないように仕向けるダイヤ編成はまさに小汚い弱み付け込み商法、ド腐れ近鉄恐るべしである。そう言えば、それと繋がったのが阪神電鉄と言うんやから、これまた類は友を呼ぶと言うかなんと言うか…。

ま、昨日は悪天候でハゼ釣りがキャンセルになったが今日は天気も良くブラブラと散歩を楽しむことができ、有意義な一日だったと思う。ただ、勉強不足が祟り、新たな疑問が湧いてきた。

そもそも、伊勢神宮と天皇家、あるいは大和朝廷とはどのような繋がりがあったと言うか、どのような関係があるのだろうか。日本武尊が東国へ向かう前に伊勢神宮に立ち寄り叔母?さんから草薙の剣を授かった言う話もあるし、桜井茶臼山付近の古墳造営キャンプと思われる遺跡からは東海系の土器も多く発見されている。で、斎宮が設けられたのが7世紀であり、その造営に関わったとされる有力者層の墓が坂本1号墳と言われる、割竹型木棺を持った前方後方墳との事。

また、斎宮の方形区画は120m四方で、道路の幅は12m。1間6尺とすれば1尺は30cmとなる。斎宮はその後1300年代まで続いたらしいが、その間には基準となる「尺度」が変わっているハズである。ま、同じものを作ると言う手法で行けば問題ないのだろうが、修理や建替えなどのときはどないしたんでしょうね。

以前、熊本城の宇土櫓 ( 名前の記憶がエエ加減やけど、宇土城から移築したと説明されていたような記憶が… ) を訪ねたとき、何かの説明に「違う尺度で作られた部材が用いられている…」との記述があったように記憶している。その事を思うと約700年続いた斎宮では「何をかいわんやで」はないだろうか。

20110918-1.jpg



9月19日 (月)  お恥ずかしい

今日は伊勢神宮についてちょっとググって見た。伊勢神宮の祭神はアマテラスさんで伝承によると、そもそもアマテラスさんは皇祖神として宮中に祭られていたのを崇神天皇の代に笠縫に移し、皇女に祭祀させるようになったのが起源らしい。その後、アマテラスさんをお祭りするのに最適な場所を求めて皇女さんが各地を行脚し、伊勢の地におちついたと言うことのようである。

ま、これはあくまで伝承なので、実際はこの伝承が現す政治的な出来事があったんやろうし、個人的にはそちら方に興味が湧くしだいである。

ま、そんなことは置いといて何が「お恥ずかしい」かと言うと、昨日の「境外社」と言う言葉の意味と言うか、用法と言うか…。以前に何かを見てざっくりまとめた図があったのを思い出して探してみたら、HDDの片隅から出てきました。それを見ると「境外社」などと言う言葉はなく、合祀されている状態を表す言葉として「境外合祀」すなわち、「別の場所で同じ祭神を祭ること」と言う言葉があったので、どうもそれと勘違いしていたようですな。昨日のような場合、神麻続機殿神社は伊勢神宮の「摂社」あるいは「末社」と呼称するのが妥当なようです。

ちなみに「摂社」と「末社」の違いについては祭られている神様が主祭神?と縁故の深い神の場合を「摂社」と称し、そうでない場合を「末社」と称すらしいです。しかし、縁故の深い浅いってどうして決めるんでしょう。2等親とか3等親とかやったりして。爆

画像は神麻続機殿神社の本殿。左手の小さいほうの社が神麻続機殿鎮守神を祭る社で独立棟持柱を有する神明作りでした。右手の大きいほうは八尋殿と称し機を織るところらしいです。あと、個人的に気になったのは、敷石の黒っぽいものと白っぽいものが使い分けられている点。何の意味があるのでしょうか…。

20110919-1.jpg



9月20日 (火)  Visual Studio 2010 Express

最近、いや、数年前からかも知れないが、MSも改心したのか、それとも裾野を広げることで新しい顧客を取り込もうと言う戦略に変更したのか、イロイロとタダで使えるようになっている。そんな訳で、SQL Server 2008 R2 とVisual Basic 2010 をインストールしてみた。

当方、収入が少ない割りに金使いが荒いので、自己制御のために2年ほど前にmdbで作成した小遣い帳を使っているのだが、どうも設計がまずく気に入らない部分が多々有る。そこで新しい設計に作り変えるついでにバックエンドをSQL Serverに代えてみることにしたのが、その理由なのだが、もちろん、別の理由もある。が、それにはここでは触れない。笑

とりあえず、自宅のPCにはディスクスペースに余裕もあるので“SQLEXPRADV_x86_JPN.exe”と言う無料版ではいちばんごちゃこちゃしたものを入れた。これだとGUIのツールも入るので大変便利である。あとは必要に応じて自習書をゲットして準備完了。適当にログインを作成してデータベースを作成し、新しい設計にあわせて作成したテーブルをAccessからインポートし、主キーやデータ型、データサイズなどを整えて準備完了。次にAccessに戻ってadp形式でフロントエンドを作成するとあっさりCSスタイルの小遣い帳が完成した。

まぁ、使うのは自分だけなのでエラー処理に気を使う必要もないし、最悪はテーブル開いて直接データ入力と言うのも可能であるからこそではあるが、スンナリ行き過ぎるとなんとなく怖い気もする。

で、調子に乗ってVisual Basic 2010をインストールした時から、ゴタゴタが始まった。それはDBに接続できないと言う症状なのだが大きく分けて二つの事が原因であった。ひとつはログサイズが限界に達していたことによるもの。もう一つは無料版の制限らしいが、アタッチされた状態のmdfファイルには接続できないと言うもの。前者に対してはアプリケーションログのプロパティーのログサイズに関する設定のところで、“必要に応じてイベントを上書きする”にチェックを入れる事で対応し、後者に対してはマネージメントスタジオからデタッチすることで、無事この問題を解決できた。

ところが外したものはつけやんとadpからアクセスできないので、アタッチしてみたのですが、ここでちょいとハマってしまった。マネージメントスタジオからアタッチすれば良いだけやろうと思っていたのに“ほかのアプリが利用しているのでアタッチ出来ない”とか“同じ名前のものはアタッチできない''とか、いろいろ怒られ、「何言うとるねん」とやや興奮状態に陥りましたが、冷静に、深呼吸しながら、そんな大層ではないが、作業することで、無事アタッチに成功。

で、adpからもVB2010からも無事アクセス出来るようになったのですが、VBの方が参照しているのはSQL ServerがアタッチしているDBではなく、それをコピーしたもの、本当にコピーしたものなのか、シンボリックリンクみたいなものなのかは解らないが、のようである。試しにadpの方で既存データの一部を編集してみたが、その結果は反映されていなかった。VB側でデータソースのプロパティーから最新の情報に更新を実行してみたが、結果は同じであった。これではちょっと何してることかワカランのだが、SQL Serverのフォーラムには接続方法によって、データの扱い?に違いがあるような事を書いてある記事も見つけたが、ちょっと能力不足で理解できなかった。

ttp://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/sqlserverja/thread/9684b4d8-d199-4ceb-9568-48b0ab2b178f/

このあたりを理解できたら、ちゃんと使えるのかも知れないが、起動時に表示されるロゴに“評価目的に限ります”と書いてあるのが気になる点かな。爆

蓋然性は無いがつづく。

20110920-1.jpg 20110920-2.jpg 20110920-3.jpg



9月21日 (水)  台風一過

ド腐れ15号も、普通の台風に改心して足早に去っていった。最初からさっさと行きやがったらエエのに何時までもウジウジタラタラと鬱陶しいクソガキであった。

んな訳で明日からは秋晴れとなるのだろうか。明後日は17日のリベンジでハゼ釣りを予定している。ハゼさん大雨で海へ流されてへんやろか?天婦羅が非常に美味なだけにちょっと釣果が心配です。

久々にCentOSにyumを実行したら164ものアプリが更新された。利用していないアプリもそのまま放ってるからそうなるんやろうけど最近リリースされたらしい6.0との関係もあるのかも知れない。

アップデート完了後、cat redfat-release したら

CentOS release 5.7 (Final)

となってました。

20110921-1.jpg



9月23日 (金)  今季初ハゼ釣り

かねてからの予定通り。今日は武庫川へハゼ釣りに行ってきた。台風一過、増水を心配していたが全く関係なかった。ただ、ゴミが川岸にはゴミが打ちあがっていたのでそこそこ増水はしていたようだ。で、釣果の方は思ったほど芳しくなく、二人で7時から15時くらいまで釣って20匹少しと言う結果に終わった。昨年は淀川で2〜3時間で15匹くらい釣れたので、効率と言うか、歩留まりと言うか、はあまり良くなかった。

地元の方と少し話す機会があったのだが、「今年は全然アカン」との事であった。何でも昨年は1000匹ほど釣ったとの事で、延べ竿にエサバコと言う典型的な数釣りスタイルで、仕掛けは底を這わせるウキ釣りで昨年淀川の釣具屋で購入したブラクリのような極小テンビンのようなものを使用されていた。

昨年の淀川でもそうであったが、釣れる時はやはり延べ竿で手返し良くが基本なんでしょうね。我々はチョイ投げスタイルに投げ釣り用の市販仕掛けを使ったのだが、竿は2m前後のルアーロッドのようなものに、お得意の中通し錘、道糸に針直結スタイルが良いような気がした。岸から10m以上離れるとあまりアタリもなかったので、15mほど投げて流しながら手前へ探ってくると言うのがここのスタイルのようだ。

今日のところは、数、サイズともにイマイチだったのでチャンスがあればもう一度はトライしたいと思う。

20110923-1.jpg



9月25日 (日)  連休おしまい

ちゅうことで三連休が終了した。先週末も三連休だったのでなんか結構休んだ感じがする。昨日はは一年ぶりにハゼのから揚げを楽しめたし、まずまずの連休だった。こないだのド腐れ15号が行ってから急に涼しくなったし、ボチボチちゃりんこ通勤復活に備えて今日は近くの自転車やさんに空気を入れに行った。

話は変わるが、聞くところによると来年から交通費も課税対象になるらしい。それも全額と言うわけでなく通勤距離に応じて非課税枠が設定され、それを超えた分に課税されるとの事。

しかし、通勤距離ってどうして決めるんでしょう?聞いたところによると直線距離でも無いらしいし…。その上自己申告らしい…。もっとも難儀なのは従業員から税を徴収し納付する義務を仰せつかっている企業に対してもお上から「的確な指導が無い」らしい。そこで気になるのは従業員の意思に関係なく企業が税の徴収と納付を怠った場合、従業員は脱税したことになるのだろうか。
機会があったら会社のアホ経理部長に聞いてみたろ。


| 1 | 2 |
2011/9
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月