Diary 2012. 11
メニューに戻る
11月1日 (木)  ゴミ掃除

空き容量が減ってきたと言うわけではなかったのだが、不要ファイルがどれくらいあるのかと思い、以前聞いたことのあるCCCleanerちゅうやつを試してみた。解析に10分以上掛かったが、不要なファイルが8GB以上もあるとの解析結果を見てビックリ。Wimdowsとかブラウザのアップデートなんかで知らん間に一時ファイルやバックアップファイルが溜まっていたのだろう。恐らく不要?なログファイルもそこそこあったと思う。

んな、訳でクリーンアップを実行後、システムドライブの断片化程度を調べると、最適化してくださいとの事だったのでその通り実行した。デフラグに関しては必要ないとの意見や、必要だとの意見、必要だが頻繁に行うとディスクに負担が掛かりすぎるからNGだとか、イロイロな考え方がある様子。

個人的にはスッキリしたい派なので、頻繁するのはマズイが時々なら…と言うところか。とは行っても恐らく今回が現システム稼動後、初のデフラグのような気がする。結果を見る限りそこそこスッキリしたように感じるので、まぁ幸せかと…笑

20121101-1.jpg 20121101-2.jpg 20121101-3.jpg



11月2日 (金)  衝動買い

Dxo8.0リリースの案内が届いた。体験版で変更点を確認してから購入するかどうか迷ったが、どっちみち見てもワカランと思ったので購入してしまった。

リリース優待価格から7.0ユーザと言うことでさらに\3,000安く設定されていたのもその理由かも。笑

今年はカメラを弄る機会が少ないが、ボチボチ紅葉の話題もチラホラ耳にするし、折を見つけて撮影に出かけたいと思う。

近いところでは再来週の伊賀上野かな。伊賀上野城は確か藤堂高虎縄張りやったと思うが…。紅葉が見れたらエエなぁ。


11月4日 (日)  古事記編纂1300年

太安万侶により古事記が編纂されてから1300年が経つらしい。
先々週は地元自治体開催の超小規模な古事記に関する講話を聴きに行った。講師は古事記学会代表理事、皇學館大學教授、大阪市立大学名誉教授の毛利先生。短い時間だったが、「文学」としての古事記のさわりの部分を時系列に沿って説明頂いた。

昨日は橿原考古学研究所主催の古事記に関する講演会を聴きに行った。流石、天下の橿原考古学研究所だけあって、1000人収容のホールを利用した大々的な催しであった。ここ数年、橿原考古学研究所も人の入れ替わりがあり、なんとなく雰囲気が変わったような感がある。

講演者は奈良芸術短期大学教授の前薗先生、研究所付属博物館学芸課長の今尾先生、奈良県立図書館情報館長の千田先生のお三方。前薗先生は古事記編纂者の太安万侶墓の発掘に関する講演、今尾先生は考古学から見た古事記と言うタイトルで、古事記編纂を命じた天武天皇のオヤジ舒明天皇の時代に関する講演、千田先生は古事記編纂を命じた天武天皇の世界観と史書と言うタイトルで天武朝が意図した皇統譜として見た古事記に関する講演と三つの切り口からズバッと切りこんだ内容であった。

出来ればいろいろメモを取りながら聴講したかったんですが、講演が始まり場内が薄暗くなると資料が全く見えず、かと言ってスクリーンに表示されるパワーポイントの文字は小さく…。そんな訳で、詳細は帰宅後資料を読むと言うことにして話の大筋だけを聞くに留めました。場内を見渡すと来場者の平均年齢は恐らく当方より10〜15は上と思われるのだが、皆さん熱心にメモを取っておられました。どんな視力をなさっているのか、それとも強力な老眼鏡をお持ちなのか。LEDライトで資料を照らしている方も居られたのには笑えました。

当方的にはこの環境下でメモを取るには度数3.0強の老眼鏡が必要ですな。哀

二週で都合4名の先生方の古事記に関する講演を聴いた訳ですが、自分の中で整理するのはなかなか難しい。ただ、この時代と言うのは、初めて天皇を名乗った?大王が天武であること、確か初めての官寺を造営したのが天武のオヤジの舒明大王であること、などから時代の大きな転換点であったと思う。またそれは同時に最初の天皇親政?のピークであり、終焉へのプロローグやったのかも知れませんな。

ともかく、一つの物事に対してどれだけの切り口で見ることが出来るかが重要なんでしょうな。切り口の数が多いほど楽しくなるし、悩みも多くなる。ちゅうことはボケ防止にも繋がると言うことかも知れません。爆

20121104-1.jpg



11月5日 (月)  VGAドライバ更新したら

赤色が滲んで醜くなったなぁ…と思ったのでロールバックして古いのに戻したが何も変化なかった。ふとモニタの表示モードかと思い、DV MODEを切り替えたら改善された。モードを切り替えた記憶は無いのだが、電源を切るときに隣のスイッチを押してしまい、モードが切り替わったのかも知れませんな。

反省、反省…

20121105-1.jpg 20121105-2.jpg



11月7日 (水)  おいおいそれは無いんちゃうか?!

アマゾンからいよいよキンドルファイアが発売されると言うことで早速予約注文を入れた。この際だからイロイロとオプションも買ったし、延長保証も申し込んだ。

本日、アマゾンから注文商品の発送案内が届いた。何も注文してないけど、ひょっとしてキンドルファイアの出荷が始まったん?と思ってメールを見ると、なんと延長保証だけが品物も届いていないのに発送されたらしい。その上、配送料・手数料まで付加されている。こんなんてアリなのか?

どっちみち、保証は商品が手元に届いてから始まるんやろうけど釈然とせんな。
以下、メールから一部転載です。

Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

2012/10/24にTechmark Japanへご注文いただいた商品が、2012/11/07 発送されました

1 Kindle Fire HD用事故保証プラン(2年・落下・水濡れ等の保証付き)

発送日: 2012/11/07


注文日: 2012/10/24

Amazon.co.jp ご注文 #: xxx-yyyyyyyy-zzzzzzz


1 Kindle Fire HD用事故保証プラン(2年・落下・水濡れ等の保証付き), ¥ 5,000


---------------------------------------------------------------------
小計: ¥ 5,000
配送料・手数料: ¥ 340
合計: ¥ 5,340
クレジットカードによるお支払い (JCB): ¥ 5,340

---------------------------------------------------------------------

今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

ttp://www.amazon.co.jp/ref=jp_sce
Amazon.co.jp


11月8日 (木)  昨日の続き

ちょっと先走っていた。

配送料・手数料: ¥ 340

は先方の手違いらしく、返金する旨を書いたメールが別便で届いていた。
また、返金案内のメールが本日アマゾンからも届いた。以上2点を公正を期するために記録しておきます。笑

とは言え、来月のカード決済で本当に保険料が先に引き落とされてたら…不信感の塊ですな。

話は変わって、米国大統領選。

オバマさんが勝利しました。米国株が大暴落。オバマさんの政策の所為だけでは無いと思いますが、気分悪いでしょうね。

個人的にはやっぱりロムニーさんに勝って欲しかったところもありますが、自分自身の社会的立場を顧みればリベラル支持であることは間違いなし。ま、労働者であり、資本家?でもある現代人にとってはどちらかに決めることは難しいでしょうね。

もちろん損得勘定すれば容易に答えは出るんでょうが、損得だけで生きると言うのも個人的には「情けなく」思えるし、かと言って「損得無視」と言う訳にも行かんし…。

そこで妥協点として出てくるのが、これまた難しいが、「それなりに筋を通す」と言うことなのかも知れません。笑


11月11日 (日)  仮名手本忠臣蔵

初めて文楽なるものを観た。落語の中に歌舞伎が良く出てくるので、良く落語会にご一緒する先輩方といっぺん歌舞伎でも見に行かんとあきまへんんぁ…と以前から話していたので、その大先輩が数ヶ月前に歌舞伎ならぬ文楽鑑賞を段取りしてくださったのである。

出し物は通し狂言、仮名手本忠臣蔵。通しなので一部と二部の両方を見ればよかったのだろうが、とりあえず今回は一部だけを鑑賞した。午前10:30から休憩を挟みながら16:00頃まで、さすがに最後の方はケツが痛かったが、退屈することなくグイグイその世界に引きずりこまれた。二部にあたる六段目以降は歌舞伎で鑑賞しましょか!と言う話を帰りがけにしたが、ひょっとしたら人形の方がより強烈な世界を持っているかも知れない。

このあたりボキャブラリが無いので上手く表現できないが、語り手と三味線と人形の三者が繰りなす世界はなんと言うか、夢のようであり、現実のようであり…。それに口上の調子とそれを唱える黒子がこれまた一種独特の雰囲気があり…。

今日、改めて米朝師匠の蔵丁稚と軒付け聴いたが以前とは違う感動と笑いを楽しむことができました。
文楽さん有難う!


言わずもがなですが、この世界がわからん橋元さんにはちと疑問を感じるねぇ。
守るべきところにきちんと所得移転するのも政治家の責務かと。


11月15日 (木)  ストーブ導入

昨日から一気に冷え込んできた。
今朝はそれほど寒くは感じなかったが、帰宅して、メシ喰って自室に引篭ると異様に寒い。週末の掃除の時に出す予定だったが思わず出してしまった。
毎年恒例のストーブ導入日の記録であるが…

2011/12/10
2010/11/24
2009/11/16
2008/11/19

ってな感じ。
過去2年は当日の気温変化のグラフが添付されており、それを見ると、昨年は最高気温が9度。一昨年は13度であった。ちゅうことで10度から15度くらいが目安になってくるっちゅう事ですな。

あー、さぶいさぶい

20121115-1.jpg



11月27日 (火)  今冬は寒いらしい

寒がりにはかないませんな。
来年は電気代上がるし…。

こんなとこに出すものでもないけど…。
ドル高、株高、債券はどないかな?

今年もタイミングに恵まれず紅葉は鑑賞できず。せっかくDxOも8.0にアップグレードしたのになぁ…。

20121127-1.jpg



11月30日 (金)  11月もおしまい

済んでみれば今年もここまでアッと言う間でしたな。今年も残すところあと一ヶ月。年金ゲットまであと十数年…。

きっとこれもその時が来たら早かったなぁ…と「ホッ」とできるのか、「明日からどないしょう」と途方に暮れる事になるのか…。

明日は忙しい仕事をサボッて知人の西国巡りにお付き合いとなりました。


2012/11
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月