Diary 2012. 8
メニューに戻る
8月14日 (火)  もろもろ

うわーっ、一ヶ月も抜けてしまいました。

この一ヶ月何をしてたんやろ。今年は昨年に比べて夏らしい天候が続いたので、少々バテ気味でげんなりしていたような気がする。歳をとると寒いのも辛いが暑いのも相当辛い。特にムシムシするのはこたえますな。そんな訳で、あちこち更新がストップしてしまっている。唯一、それなりに更新してるのがタイガースの戦績くらいなんやけど、これは成績が悪すぎて…。

今年はイロイロあって盆休みが異常に長い。単純に休みが増えたのなら喜ぶべきことなんやけど、9月以降の土休が振り替わっただけやから単純に喜ぶわけにもいかん。お金も無いし、9日間もの休みがあってもなぁ…それより土日が休みの方がずっと有り難い。

何を書いてるのか解らなくなってきた。

盆休み初日の11日は墓参り。12と13日は湯原温泉へ行ってきた。今日は朝から壊れたDVDドライブを二週間ほど前に入手したブルーレイドライブに換装した。昨日友人から入手したエアチェックのBDを再生してみたが、再生できなかった。ごそごそやってみてなんとか再生できるところまでこぎつけたが、音が出なかったり、画がカクカクになったり…。一筋縄では行きませんな。

昨晩から今朝にかけて無茶苦茶雨が降った。朝ニュースを見ているといたるところで交通機関に規制が発生していた。近所では1時間に100mm越の雨量を記録したところもある。今年は異常気象で世界中で大雨や嵐、旱魃が続いているが、わが国、特に大都市圏ではインフラ整備が素晴らしいので災害が起こりにくい。有り難いことである。一時は目の敵にされていた公共事業であるが、インフラ整備はやはり国家の基盤ですな。IT関連の基盤も非常に重要ではあるが、生身の人間が生きていくためには道路や橋や下水道、上水道、電気、ガスなどといったライフラインが何よりも重要である。

次回の選挙は難しい決断をせんとアカンでしょうね。

訳ワカラン日記になりました。

換装したドライブと今朝の湿度計

20120814-1.jpg 20120814-2.jpg 20120814-3.jpg



8月15日 (水)  神護寺から愛宕山

盆休みのほぼ中日。神護寺へ行ってきた。はっきり言うて今頃行くとことはちゃうわな。誰が考えても秋、紅葉の季節である。なんでそんなとこへ今頃行ったのかと言うのは置いといて、その後、愛宕山へ登ったのが大笑い。登ったといっても殆ど車で登って、歩いたのは最後の40分余り。

特に、行くつもりは無かったと言うか、こちらも11月頃に来るつもりだったので情報収集の意味で駐車場の係員の人に愛宕山へのルートを尋ねたら、首無し地蔵まで林道を車で登って、そこから歩いたら30分ほどで着くとの事。時間的にも昼前だったので、「今から行って来たら?」と薦められたこともあり、何も考えず行く事にした。

教えられた通り、林道を登ること10分ほどか、途中いくつかの関所、門扉があったがいずれも開いていた、を通り過ぎると、やや開けたところに到着。そこで愛宕山参拝口の看板を発見、それに従い進むと、確かに首の無い地蔵さんが一体。

その脇に参道が取り付いており、歩くこと約40分で無事到着。天候が悪く、湿度や高く感じたものの、気温はかなり低くこの時期であることを差し引くと結構快適でした。休憩所の柱に温度計があったので確認すると約23℃。麓の駐車場で係の人が「この時期に登るのは暑すぎるでぇ」と言うと、「上はかなり涼しい」と応えたのは本当でした。

そんな訳で、今年の晩秋に予定していた愛宕山登山もこれでおしまい。殆ど、車で登ったみたいなもんなので少々スッキリせんけどこれもアリと言うことで…。

光秀や旦さんと一八一行はどんなルートで登ったんでしょうなぁ?

それと神護寺でかわらけ投げに挑戦しましたが、4枚投げて散々でした。笑

20120815-1.jpg 20120815-2.jpg 20120815-3.jpg



8月18日 (土)  VB.NET

来年あたりはぼちぼちパソコンも買い換えたくなってきた。もちろんやってることと言うたらメールにネット閲覧くらいなので、今のスペックで何の不都合も無いのだが、ブルーレイを再生できるドライブを入手し、またぞろ動画関係をごそごそし始めたと言うのをその理由にしておきたいと思う。
そうなると、OSもWindows8になる可能性が強い。そうなっていよいよ困るのがMySQLへの入力用フロントエンドとして利用しているAccess2003。こいつもボチボチ使えなくなるに違いない。そこで盆休みの最後はVB.NETを利用してフロントエンド作成に挑戦してみる事にした。もちろんVB.NETと言うても、無料のExpress版である。

一ヶ月ほど前に借りてきた本をもう一度借りてきて、シコシコやってみたけど役に立つのはネットで拾ったサンプルコードが殆ど。イロイロな用語はもちろんのこと、イベントやメソッド、持ってる関数なども違うし、名前空間がVBAでは意識することが無かったし、なんと言ってもADO.NETがよー解らん。なんでADOのままにしとかんのやろ…。

と、ボヤキと愚痴の連続でここ二日ほどが過ぎ去りました。で、なんとかMySQLからデータを読み込んで更新したり、新規登録できるとこまでこぎつけました。データグリッドビューを利用した新規登録と更新、削除にも目処が立ったのであとはボチボチ進めて行くつもりです。

もっとも、ネットで見つけたサンプルを利用しているだけなので、中身は殆ど理解できていないのが辛いところ。殆ど実装できていないエラー処理を考えながら、そっちの方も理解できるよう勉強したいと思います。

しかし、ネット上には賢い人が沢山いてますなぁ…。

20120818-1.jpg



8月19日 (日)  VB.NET続き

今日も朝からVB.NET。ひょっとしたらハマりつつあるのかも知れない。

と言うことで、今日は使うのがオノレだけと言うことなのでテーブルの一覧やスキーマを表示し、SQLを書いて、その実行結果を表示するようなものを作った。これで、Accessをリンクテーブル形式でフロントエンドに利用するのとほぼ同じように使えるので便利である。Accessに比べて不便な点は抽出したデータにフィルタを使用できないこと。まぁ、これくらいはなんとかなるでしょう。

次に、スコア入力と継投入力処理フォームを作成した。この継投入力処理フォームでかなりハマってしまった。
Accessの仕様ではデータシート形式サブフォームの投手入力欄はリストボックスを利用し、選手マスタから名前を引っ張ってきて表示している。そうしないと選手idだけでは誰かワカランからね。笑

これと同様の処理がデータグリッドビューで行えるのだろうか?Google大先生にお伺いを立て、コンボボックスを利用して実現する方法を見つけたが、元データのidとコンボのid列とがバインド?してくれない。悩むこと数時間?元データの作成方法をSQLの実行結果をそのまま利用する方法から、結果セット、.NETではダータテーブルと言うのか?、をループして元データとする方法で解決できた。

ところが、今度はデータテーブルの内容をデータベースに書き戻す時に問題が発生した。コンボボックスをデータグリッドビューに挿入した事が原因だと想像しているのだが、何も変更していないにも関わらず、RowStateがAddedと判断されてしまうのである。

この不具合についてもGoogle先生にお伺いを立て、Row.AcceptChanges() で脱する事ができた。

長期にわたる夏休みは今日で終了ですが、最後の二日ほどは頭の体操が出来て良かったです。
しかし、図書館で借りてきた本はやっぱり出番が少ない。ちゅうことはVB.NETと言うより、ADO.NETの部分が難しいと言うことかな?ひょっとしたらVB.NETに到ってないのかも知れませんな。

20120819-1.jpg 20120819-2.jpg



2012/8
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月