title Plastic Foutain title
ボケ予防
漫遊記
日記
タイガース
  ToraWiki
  TigersDB
ブログ
最初
Google


WWW
www.oyagine.com
MyDNS.JP 簡単ダイナミックDNSサービス

久々のファーム観戦です。バルちゃんもオリに移籍したし、桟原は育成枠やし…ちゅうここで最新版をどうぞ!

Welcome to my plastic site !

金本内閣3年目、キャンプを終えて将自ら一番強いと豪語したチーム力。待望の四番打者ウィリン・ロサリオを獲得。FA初年度の成績を恥じる糸井の調整ぶり、昨季20本を放った中谷、侍Jに招集された大山と野手陣の充実ぶりがその裏にあるのか。一方、ブルペンを陰で支えた球児が今季の救援陣に不安を呈している。はからずもオープン戦は2勝12敗2分と最下位。打線は打てず、先発はメッセ、秋山の次は能見と言う駒不足。その三人にしても仕上がり具合には疑問符、不安の救援陣も桑原の調子が上がらず高橋も不調と将の言葉とは裏腹な現状が気になる。今年のテーマは執念。この一勝、この一打、この一球、この決断にどれだけ執念を込めて戦えるのだろうか。


最新のタイガースの成績を7試合分表示します。


これまでの成績
143試合  62勝79敗2分   勝率 0.440
得点: 580  1試合あたり得点: 4.056
失点: 626  1試合あたり失点: 4.378

2018-10-13  ナゴヤドーム  中日戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
阪神 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 1 3
中日 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2
竹安大知 0勝 0敗 0 H 0 S
高橋聡文 0勝 0敗 2 H 0 S
岡本洋介 1勝 0敗 2 H 0 S
望月惇志 0勝 0敗 0 H 0 S
能見篤史 4勝 3敗 16 H 1 S
H 桑原謙太朗 5勝 3敗 31 H 0 S
藤川球児 5勝 3敗 21 H 2 S
S ラファエル・ドリス 1勝 7敗 4 H 32 S

コメント:
本塁打:なし。
今季限りで辞任を表明した金本監督の指揮最終戦。ドラの森監督も今日が指揮最終戦、岩瀬と荒木の最後の公式戦となった。虎の先発は竹安、確か昨年の最終試合でセーブか勝ちかを上げた選手だったと思う。球速はそれほどでも無いが威力のありそうなストレートでした。ゲームは延長11回、中谷の適時打で決着。この選手も期待はずれでした。最後の適時打を読んで打ったのかどうか…。聞いて見たいです。今日で今季も終了、お疲れ様でした。来季は矢野か?



2018-10-10  甲子園  DeNA戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
阪神 0 0 0 0 0 1 1 0 x 2
岩田稔 0勝 4敗 0 H 0 S
能見篤史 4勝 3敗 16 H 1 S
H 藤川球児 4勝 3敗 21 H 2 S
S ラファエル・ドリス 1勝 7敗 4 H 31 S

コメント:
本塁打:中谷5号。
甲子園での最終戦、最後の方だけ中継見ました。球児の快投、ドリスはソトにあわやのファールを喰らったり、まぁ楽しませてくれました。仕上げはマウンドに整列して金本監督の敗戦の弁。選手が、ベンチが、フロントが全てが最下位の責任を等しく捉えて来季へ備えて欲しいと思います。最終戦は13日のナゴヤです。



2018-10-09  甲子園  巨人戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 2 0 2 0 2 3 0 9
阪神 1 0 0 0 1 2 0 0 0 4
ランディー・メッセンジャー 11勝 7敗 0 H 0 S
岡本洋介 1勝 0敗 2 H 0 S
桑原謙太朗 5勝 3敗 30 H 0 S
望月惇志 0勝 0敗 0 H 0 S
岩崎優 1勝 3敗 10 H 0 S

コメント:
本塁打:なし。
最後まで岡本に打たれまくって終わりました。最年少の3割、30発、100打点のお土産を献上して…。高橋監督が上手く育てましたねでも引責辞任です。金さんはとっかえひっかえ専門で結局誰も育てられず17年ぶりの最下位に沈没。でも続投って…。ラミちゃんには悪いけど読売のCS進出をアシストする結果になりました。しかし、メッセも日米100勝に8試合連続足踏みとは。これも起用方法に問題ありやで。



2018-10-08  神宮球場  ヤクルト戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 1 0 0 4 0 5
ヤクルト 2 4 0 0 0 0 0 0 x 6
才木浩人 6勝 10敗 1 H 0 S
竹安大知 0勝 0敗 0 H 0 S
岩崎優 1勝 3敗 10 H 0 S
岡本洋介 1勝 0敗 2 H 0 S
能見篤史 3勝 3敗 16 H 1 S

コメント:
本塁打:なし。
最下位が決定しました。3年間で一番強い今年が最下位とは子供に笑われますね。ゲームも序盤の2インニングで才木が6安打され6失点。3回以降は救援陣がノーヒットに抑えるも糞打線の奮起が一歩及ばずとなりました。梅ちゃん今日も暴走した様です、来年はそこんとこを修正しましょう。守備では一発打たれ過ぎなんでそこもお願いします。アホらしい一年でした。



2018-10-07  神宮球場  ヤクルト戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヤクルト 3 1 0 0 1 0 1 0 x 6
岩貞祐太 7勝 10敗 0 H 0 S
望月惇志 0勝 0敗 0 H 0 S
岩崎優 1勝 3敗 10 H 0 S
岡本洋介 1勝 0敗 2 H 0 S

コメント:
本塁打:なし。
お出かけしておりました。やっぱり負けてました。完敗です。これで最下位マジック1で8日にもそれが決定します。金さんは続投方針、コーチ陣は配置転換と新規招聘と誰も責任を取りません。もちろん、フロントもそうでしょう。こんな糞以下の組織と言うのは下請け根性のみで喰い繋ぐわが勤務先全く同じです。阪神球団はなんと恵まれた下請け根性組織なんでしょうか。現実社会と違うてお客がアホやから成り立つんやろね。



2018-10-06  甲子園  DeNA戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
DeNA 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
阪神 0 1 1 1 0 0 0 0 0 1x 4
藤浪晋太郎 5勝 3敗 0 H 0 S
H 能見篤史 3勝 3敗 16 H 1 S
H ラファエル・ドリス 1勝 7敗 4 H 30 S
桑原謙太朗 5勝 2敗 30 H 0 S

コメント:
本塁打:なし。
ルーキー島田がサヨナラ打。連敗5で止まる。もう勝敗なんかどうでもエエんですが若い人が活躍するのは嬉しいですな。お立ち台でもしっかり受け答え出来てたしこの人やるかもです。それに引きかえ中谷君アホ過ぎです。ホンマに捕手やってたんかな。藤浪君またソトに同点弾浴びて…。ファーム読売に勝って日本一決めたらしいですす。矢野さんおめでとう。



2018-10-05  甲子園  中日戦の結果

T  N 1 2 3 4 5 6 7 8 9
中日 0 2 0 2 0 2 0 0 0 6
阪神 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
小野泰己 7勝 7敗 0 H 0 S
望月惇志 0勝 0敗 0 H 0 S
才木浩人 6勝 9敗 1 H 0 S
藤川球児 4勝 3敗 20 H 2 S

コメント:
本塁打:なし。
最下位確定を決定付ける見事な甲子園での敗戦。暗黒90年代の記録に並び更新も間近です。ここへ来てスポーツ紙もシーズン中の不穏な出来事を少しづつ暴露し始めた様です。ほんまにマスコミと言う奴はえげつないですな。時には球団寄り、時にはファン寄り、時には選手寄り、時には首脳陣寄りと節操の無い見本でんがな。金も亡者と言えるのかも知れません。魑魅魍魎とはマスコミのことですな。原口檜山氏のシーズン代打安打記録23に並ぶ。おめでとさん!