本日の結果:タイガース4-3ベイスターズ
本日までの戦績:82試合  48勝31敗3分  勝率 .608

本日までの平均得点:4.10
本日までの平均失点:3.56

 

本日のスコア1 本日のスコア2

 

9回表を終わって0-3。ここまで毎回走者を出しながら得点出来ない伝統の勝負弱さ。それと言うのもこないだの燕戦で3ランを放ち七番から四番に復帰した大山さんがダメダメダメ。もちろん今日だけでは無くて、前カードの読売戦からもダメダメダメ。あと数分で恥辱のベイスターズカード4連敗、それも甲子園で…と思って見てたらとんでもないことが起こりました。

 

9回裏、一死から梅ちゃんが猛打賞となる三本目をドン詰まりの右前打で記録すると、中野がいい当たりの右飛に倒れた二死から、代打佐藤輝がシフトの逆を突く安打で繋ぐと近本、糸原、マルテが繋いで同点。そして巡ってきた打順は四番、思わず代打だせ!と口走りましたが大山がそのまま打席に…。

 

まぁ、もう負けは無いからエエかと思いながらあ、力はいっとんねやろなぁ大山は…と様子を見る間もなく初球をガツンと叩くと、打球は投手の足元を抜けセンター前へ…。走者は一三塁だったので内野手が前進守備(だったと思う状況的に)を取っていたのも味方したと思うが見事なサヨナラ打。

 

いやーあ、何というか正直ほっとしたと言う感じでした。試合後の監督インタビューでも矢野監督は感極まってましたけど、そこまで大山と心中したかったのか…と思ってしまいました。確かに打った大山は立派ですが、得点圏打率とかリーグ最低やしそれはそれでちゃんと受け入れて対処するのが監督の仕事かと…。育てる事は大事やけどそこまで入り込むのは…。

 

ま、そこのとこは内部事情が分からないので…ですが。今日の転機は9回表、及川の好投では無いでしょうか。8回、藤浪も良く投げたと思いますが、今は彼に対する期待とか関心とかは及川に対するそれを下回っているかと…。それほど彼は失敗しつづけていますからね。まぁ、これからも相当頑張って関心を持ってもらえる様な投球を見せて欲しいと思います。

 

オリンピック休暇まであと2試合。梅雨による中止もほとんどなく悪夢の様な試合を交流戦明けから続けて来ましたが良い形で終えて欲しいと思います。そういう意味でも今日、拾った勝ちは大きかったと思います。しかし、佐藤輝はスタメンで使わなあかんで。ロハスは下でやらしとけ。拗ねたらクビでええちゃう?



添付ファイル: file20210712_2.png 31件 [詳細] file20210712_1.png 32件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-12 (月) 22:26:21 (77d)